VANSON

1975年、マサチューセッツ州の首都ボストンで誕生した「バンソン」。
それまで名を馳せていたレザーブランドが低迷し、業界では暗黒の70年代とまで言われていた当時、ボストン大学で経営学を学んだMichael Van De sleesen氏(当時22歳)が、彼の名を略したVanson Associates Incを設立。
最新のテクノロジーを積極的に取り入れ、品質にとことんこだわったバンソンのレザーウエアは、地元ボストンのレースシーンを中心に徐々に需要を高めていきました。
順調に進んでいたMichaelのビジネスですが、オイルショック(1978年)から続いた不況の影響を受け、1983年には倒産の危機に立たされます。しかしその翌年、本拠地をマサチューセッツ州サザンランドに移し、Vanson Leathersとして見事復活。
さらに同州クインシーに移行した1980年代後半、ヨーロッパや日本からの需要も急激に加速、バンソンは最高級レザージャケットメーカーとして不動の地位を築きます。
ちなみにこの頃の日本需要が、いわゆる“渋カジ”というファッションシーンの流れで、日本での知名度も爆発的に上がりました。
しかし、ブームが去ったその後も、バンソンの持つブランドイメージや、そのクオリティの高さに魅了される人は多く、品質にこだわるレザーファンを中心に圧倒的な人気を誇っています。

総1件

並び替え: [新着順] [価格] [名前]